ロシア下院、ブロックチェーンの「専門的な分析と世論調査」案を採択

シェアする

スポンサーリンク

ロシア連邦議会下院(以下、ロシア下院)は、ブロックチェーンに関する「専門的な分析と世論調査」を来年行うことを採択した。ロシアのニュースサイトRBKが報じた。

ロシア下院の金融市場委員会第一副議長のアレクサンドル・ズコフ氏は、今回の採択について「グローバルな経験に基づいたロシアの金融市場におけるブロックチェーン技術の広まりを法的に規制する基準」を調査したい政府の要望の表れの一部であると語った。

ロシアのプーチン大統領は先月、市場への厳正かつ正式な統制を求めて、仮想通貨への政府の矛盾した姿勢を終結させるかに見えた。

一方、それが「ピラミッドスキーム」であるかどうかを巡っては、ビットコインの買収に対し警鐘を鳴らしている中央銀行の人物であるアレクセイ・クドリン元財務相と現連邦副大臣のアレクセイ・モイゼフとで意見が分かれており、消費者に影響を及ぼす論争はより非公式な場で続いている。

今週、ロシアの検事総長はまた、仮想通貨への関心の高まりを違法なルートで入手した収益の洗浄となぞらえた

これに関連して、11月1日には、個人によるVPN使用禁止を狙ったプライバシー規制修正案の導入が見られた。VPNプロバイダーは法を遵守しない場合、国家規制監督庁によって閉鎖されることとなる。

参照元:https://jp.cointelegraph.com/news/russian-duma-orders-blockchain-research-as-bitcoin-linked-to-income-laundering

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク